あなたの国または地域を選択してください。

Close
ログイン アカウントを登録する Eメール:Info@Ocean-Components.com
0 Item(s)

Arduinoがcovid-19カンファレンスを明日開催

Arduino-logo

「人工呼吸器、人工呼吸器、またはcovid-19と戦うための他のデバイスを設計および製造するプロジェクト内でArduino互換デバイスを現在使用している人は誰でも参加できます。組織によれば、彼らが医師であれ、学者であれ、専門企業であれ、専門研究者であれ、イノベーターであれ、どなたでも参加できます。」

会議の目的は、アイデアを共有し、Arduinoが認識している重複の量を減らすことです。「多くの人々は、すでに他の人が対処している課題を克服するために貴重な時間を費やしています。また、長所やスキルセットが異なるチームがたくさんあります。これらのチームは、離れているよりも一緒に作業する方が良いでしょう。

参加者には次のサポートが提供されます。


Arduinoの創設者であるDavid CuartiellesとMassimo Banziによると、最後の項目は最も重要です。「要件を操作し、設計を検証して最も良い影響を与えることができるようにするために」と付け加えました。これらの問題を解決し、共通の目標に迅速かつ効率的に到達するために、協力して取り組みを統合してください。」

会議ウェブサイトはこちら

Arduinoによると、それはcovid-19の発生中に不可欠な労働者を助けることを意図したArduinoベースのプロジェクトの多くを認識しています。 「私たちは支援を提供し、ハードウェアを寄付し、エンジニアリングサポートを提供し、できる限りのことをするために連絡を取りました。」

また、個人用保護具(PPE)、換気装置、その他の機器の製造をサポートするために、大量のArduinoボード(具体的にはUno、Mega、Nano、Nano 33 BLE)の可用性について問い合わせている大学、研究機関、企業からもアプローチがありました。 。

「私たちは、サプライチェーンと流通を通じて、これらの時間的に重要なプロジェクトに優先順位を付けました。
パートナー。」

設計の重複と協力の機会を明らかにしたのは、これらのプロジェクトの知識でした。

covid-19プロジェクトのArduinoフォーラムはこちらです